↓ストレスとホルモンバランスにアプローチにできるニキビケア製品!

?

ラ・ミューテ

ストレスニキビのできやすい場所と原因

ストレスニキビの場所について、ストレスニキビは職場や人間関係でストレスが溜まっている時にできてしまうニキビのことです。
どこかできやすい場所はあるの?これはストレスニキビなんだろうか?と疑問にも思っている人も多いかと思います。^^

ここにできたらストレスニキビ!という明確な定義はないですが、基本的には顔の下の方、鼻や口周り方法あごなどにできやすいのがストレスニキビの特徴と言われています。(´・ω・`)

 

ニキビができやすいイメージがあるTゾーン(おでこや鼻筋)はもともと皮脂分泌が多いので、思春期にニキビができやすい場所です。


ストレスニキビの場合は大人ニキビのカテゴリーに入り、ストレスによってホルモンバランスが乱れ。肌が乾燥することでストレスニキビができてしまいます。

大人ニキビの原因はストレスじゃないと話している先生もいますし、逆にストレスは大人ニキビにかなり大きな影響を与えていると話している先生もいます。

 

ここのストレスは、人類が生きていく上で大切な危機管理能力として残しているものです。
痛みを感じないと熱湯が危険とわからないので痛いけど必要な感じです。

なので、人の体はストレスを感じるとそのストレスが大きい部分に血液を送って対処します。

体の部位の中で皮膚はその緊急度の順位が低いです。
考える時の脳、走って逃げるときの足とか生きるために必要なものに比べれば皮膚の毛細血管に血が不足して乾燥肌になっても死にはしないですもんね(;一_一)


睡眠不足不摂生な生活をしていて体に負担がかかっていると、臓器などのほうに血液が使われ皮膚のほうに必要な血液が届かなくなってしまいます。

そうすると皮膚細胞の代謝が遅れ、乾燥しニキビができるといったサイクルが起きているそうです。

 

三大欲求の睡眠と食事が足りない場合は置いといて、それ以外のストレスは意外と好きな香りや好きなことして楽しい気分になるとどこかに吹っ飛んでっちゃうので、身の回りの環境や行動ちょっと変えてみるだけでだいぶストレス軽減になりますよ(^^♪

 

ストレスニキビに悩んでいるなら私の体験談が参考になるかもしれません⇒ストレスニキビ体験談

© 2018 ストレス ニキビ rss