↓ストレスとホルモンバランスに唯一アプローチできるニキビケア! 

 

92%がキレイに!大人にきび・肌荒れの悩みに!

ストレスニキビ 防ぐ

ストレスニキビができないように防ぐためにはストレスニキビができる原因を防ぐ必要があります。

 

大きく分けるとストレスニキビができる原因は4つ

ストレス、 食生活の乱れ、 寝不足、 女性ホルモン


 


ストレス


このストレスはもちろんストレスニキビの原因である精神的なストレスだけではなくお肌やニキビのできる部位に直接刺激を与えるといった意味でのストレスも含みます。


例えばニキビを防ぐ為と思い、一日に何度も洗顔をし過ぎることでお肌のバリア機能が低下してしまい乾燥肌になり結果、肌への刺激ストレスが多くなりニキビを防ぐどころか多くできてしまいます。

一日に何度も洗顔するのは洗いすぎです。因みにオイルクレンジングは界面活性剤を含んでいるので基本的に使わないほうがいいです。
 

 


女性の場合は化粧品も油分が多くないもの選んだほうがいいです。
ニキビは毛穴に皮脂が溜まってる状態です、この皮脂は油分なので化粧品に油分が多いものを使ってこの毛穴を覆ってしまうことは
ニキビができやすくなる環境を作ってしまうんです。

 

 

例えば『オイルフリーの化粧品』や『ノンコメドジェニック』といった表示があるものを使うことでニキビの元であるコメドができにくい化粧品を使うことがストレスニキビを防ぐために重要です。

 


精神的なストレスももちろんストレスニキビの元になるので自然の中で過ごしたり登山などで森林浴に浸ることは適度な運動にもなるのでストレスニキビを防ぐためにも定期的に取り入れたほうがいいです♪


 



食生活の乱れ。
 

これは結構有名ですよね、レトルトやインスタント食品、スナック菓子ばかり食べているとニキビができやすくなってしまいます。

 

食品添加物が組まれていたり、揚げ物の油を取りすぎることでニキビの原因になるという話はほとんどの人が聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

 

その理由としてそういった食べ物は内臓に大きな負担をかけてしまいます、その負担がかかった内臓のダメージ修復するために血液が内臓に集まり、肌への血流量が減り乾燥肌になることでニキビができやすくなります。


 



寝不足
 

寝不足が続くとそれだけで体にストレスがかかるんです、人間の3大欲求ですからね。(^^)

 

睡眠時間としては一日6時間ぐらいは最低でもとって欲しいなと思います。
もちろん睡眠は時間だけではなく質も重要です。

 

 

寝る前30分ぐらいはろうそくや豆電気などの間接照明の中にいて情報遮断し、ゆっくりと過ごす時間をとることで質の良い睡眠になります。

ストレスの軽減にもつながりますし翌朝の目覚めも良くなるのでこれ結構お勧めです( *´艸`)
 

 



女性ホルモン

 

ストレスニキビの中で大きな原因、特に注目してほしいのは女性ホルモン、ホルモンバランスといった所です。

 

体温が低いと代謝が悪くなり老廃物が体の中に残りやすくニキビができやすくなります。

 

 

ホルモンバランスを整えることで、ニキビの予防だけではなく肌のキメが細かくなりキレイになれます♪

特に女性は30代から40代ぐらいのになると女性ホルモンのバランスがしっかり取れているかどうかで、肌がかなり変わってきます。

 

ホルモンバランスはすぐに整えられるといったものではないので、普段の生活習慣の改善

そしてラミューテを使ってホルモンバランスを整えてあげることもストレスニキビを防ぐのに効果的です。^^

 

ちなみにニキビの原因である乾燥肌にもラミューテはとても強く、肌の潤いが満たされるのでニキビ予防にもいいんです。(^^♪

 

 

ラミューテをしらない人はこちら⇒92%がキレイに!大人にきび・肌荒れの悩みに!

© 2016 ストレス ニキビ rss